熱電対取付サービス


熱電対の取付が困難な場合、弊社で熱電対の取付を行います。


以下一例ですが、当社極細熱電対13μmなどを測定ポイントへ接合するサービスを行っています。

1、ICジャンクション温度を測定する為に極細熱電対を銀ペーストで固定します。
目的は、破壊温度に近づくと自動的にシャットダウンしICを保護することが可能となります。
その他、微小なLED頭部へ極細熱電対を接合し、温度測定することが出来ます。

2、微小チップ部品(例えば1005)のはんだ接続部へはんだ付する。高温はんだ(RoHS規制対象外)でも接合できます。

3、ドリル、バイト、エンドミル等の刃先へ後部から穴をあけ、熱電対先端部を刃先部へ銀ペーストで固定する。

4、1ミリφの金属線に極細熱電対を金属接合する。

5、紙などシート状の温度を測るため、目的の場所に極薄熱電対を固定さらに這いまわし固定する。

6、ベアリング球を支持している金属部に小孔をあけ、極細熱電対を穴にさしこみ銀ペーストなどで固定する。

7、パルスヒーターチップに穴をあけ、座金状極薄熱電対をビス止めで固定する。金属接合ではないので、多数回の使用でも耐久性が高い。
等の実績があります。


当社には熱電対位置決め固定し、かつ加熱できる熱電対取付XYZテーブルを備えています。
また熱電対をロウ付けで部品等接合するサービスも行っております。


熱電対をロウ付けした例


接合の難易度によって価格が変わりますので、まずは弊社までお問い合わせ下さい。


熱電対取付用ボンダ(熱電対取付テーブル)も販売しております。
こちらもお気軽にお問い合わせください。


株式会社アンベエスエムティ
〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔町149-18
TEL 045-937-6023
FAX 045-937-6024

E-mail:anbe@anbesmt.co.jp



HOME [Japanese][English]
(C)Copyright 1997 Y.Anbe All rights reserved.